Home » 結婚記念日はどんなふうに過ごしていますか?

結婚記念日はどんなふうに過ごしていますか?

結婚記念日の呼び名を知っていますか?

結婚記念日というと「銀婚式」や「金婚式」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実は結婚記念日には1年目から呼び名があります。1年目の紙婚式から70年目のプラチナ婚式まで、最初のうちは安く柔らかな日常的な物から始まり、だんだんに固く高価な貴重品へと変わっていきます。それぞれの呼び名には意味が込められています。その意味を知ることで、夫婦という関係の大切を改めて感じる事ができる日になっているんですね。

結婚記念日の過ごし方

結婚記念日には結婚式のメモリアルキャンドルを灯して過ごすご夫婦もいらっしゃいます。結婚記念日の過ごし方は、食事にいったりプレゼントを交換したりと夫婦の数だけ形は違いますが「結婚記念日」を大切にしたいと思っているご夫婦が多いようです。思い出の場所への旅行は、思い出を懐かしむとともに新鮮な気持ちになれるきっかけになります。旅行は非日常を味わうことで日頃のストレスも解消されますね。長い時間を共に過ごす夫婦だからこそ、いつもと違う場所で語り合うことも大切ではないでしょうか?

結婚記念日は特別な日

結婚記念日は夫婦にとっての誕生日です。特別なお祝いはしなくても大切な日には変わりありません。結婚記念日は、入籍した日か挙式した日か曖昧な面もありますが、夫婦で決めた日が記念日といえるのではないでしょうか?結婚記念日には、お互いに大切なパートナーへ感謝の気持ちを伝える良い機会です。感謝の言葉は面と向かっては照れくさいものです。素直な気持ちをプレゼントに託しメッセージを添えるのも良いですね。1年に1度の結婚記念日を素敵な記念日に過ごせますように。

結婚記念日とは、結婚を記念した日のことです。結婚式を挙げた日か、挙式しなかった場合には入籍した日が当たります。

Comments are closed.