Home » 七五三を迎えました!一緒にお祝いの食事をしましょう

七五三を迎えました!一緒にお祝いの食事をしましょう

七五三とはどのようなものでしょう

七五三とは江戸幕府5代将軍である徳川綱吉が長男のために天和元年11月15日に健康を祝ったのが始まりと言われています。11月15日が七五三の日とされていますが、今では両親の都合や天候の具合をみて11月のどこかの土日で神社や寺に参拝に行くことが多いです。三歳は「髪置きの儀」五歳は「袴儀」七歳は「帯解きの儀」と言われていて昔はそれぞれの年齢に達した子どもがそれらを行うことを祝うという意味がありました。今はそれらの意味合いは薄れ、正装をしてそれぞれの年齢に達したことを祝ったり感謝したりするという日になりました。

七五三は親戚みなで祝いましょう

七五三は三歳、五歳、七歳の子どもの成長を祝う年中行事の一つです。このようなことは両親だけでなく、親戚などの身内も呼んで盛大にお祝いしましょう。神社や寺に一緒に参拝し、記念写真を撮った後は共に食事に行くことも多いでしょう。子どもが主役の日なので、子どもが好きなものが食べられるところや大人数を収容できるところを選ぶと良いでしょう。参拝したところや自宅近くのレストランや食事処、カフェなどを選びましょう。

親戚そろって食事をしましょう

七五三のあとには親戚でそろって食事をしましょう。子どもがいるのでもちろん子ども連れが大丈夫な店を選ぶことが必要です。また、多少動き回っても他のお客さんの迷惑にならないようなところを選ぶと、子どもも食事時間を伸び伸びと過ごすことができますし、親戚の方達も子どもの成長を見ることができるので喜ばれるでしょう。今は七五三のお祝いの食事を出してくれるところだったり、ちょっとしたイベントのような形をしてくれるところもあります。いろいろな店を探してみましょう。

七五三のレストラン家族や親せきで盛大にしたい!と思っていらっしゃる方は、早めの予約をおすすめします。

Comments are closed.